私たちの作っているモノ


住鉱エナジーマテリアル(SEM)の福島県なら工場は、2016年4月に本格稼働を開始しました。なぜこの地に工場を設立したか、それは私たちの仕事を通して「福島の復興」のお手伝いをしたいという気持ちからでした。楢葉町は東日本大震災に伴う福島原発の事故により、全町民が避難を余儀なくされました。避難指示は解除されたものの、未だに多くの課題が残されているのが現状です。私たちはSEMを通じて地元の皆さんに雇用の場を提供し、資材調達などについても地元企業と連携する形で、課題の解決に貢献したいと考えています。

私たちは一緒に働く仲間を募集しています。SEMでの仕事を通して、復興のお手伝いをしてみませんか?

SEMへの応援メッセージをいただいています!

安倍内閣総理大臣

2016年3月5日、東日本大震災の復興状況の観察の一環として、安倍内閣総理大臣がSEMを訪問され、「新しいエネルギーを福島の地でつくることで、福島の未来を切り拓いて行ってもらいたいなと思いました。皆さん一緒に頑張っていきましょう。」と激励の言葉をいただきました。

楢葉町から


楢葉町長 松本 幸英 様

楢葉町 新産業創造室より
住鉱エナジーマテリアル株式会社さんは、震災からの復興と「新生ならは」の創造に取り組む福島県楢葉町に進出され、町とともに復興を目指して操業されております。
町としても、住鉱エナジーマテリアル株式会社さんの企業活動が円滑に進むよう、全面的に支援してまいります。
楢葉町 新産業創造室長 遠藤 俊行 様